ラグビーの新設国際大会、22年スタート検討

ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは6日、新設を検討している国際大会「ネーションズ選手権」の概要を発表した。2022年スタートを目指すとしており、来週ダブリンで会合を開いて協議する。

大会は、12チームが1回戦総当たりのリーグ戦を行う。欧州6か国対抗の6チームと、南半球4か国対抗の4チームに2チームを加えた2組に分け、各組上位2チームが決勝トーナメントに進み、下部リーグとの入れ替え制も導入する。ワールドカップ(W杯)開催年は行わないという。

また、W杯の出場チーム数について、27年大会から現行の20を24に拡大する案も示した。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>