チケット販売が好調、W杯予算を30億円増額 

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は11日の理事会で、従来から30億円増額した大会予算案を承認した。販売が好調なチケット収入を260億円から290億円に増やし、収入総額は563億5000万円となった。チケットは約180万枚のうち既に130万枚近くを売り上げたという。決勝トーナメント進出チームが滞在する公認キャンプ地も報告され、千葉県浦安市、東京都、同府中市、大分県別府市、大分市が選ばれた。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>