合流のマフィ、控えのメンバー入り…レッズ戦

攻撃力強化が期待されるマフィ(14日、千葉県市原市で)

ラグビーの南半球最高峰リーグ、スーパーラグビーの日本チームであるサンウルブズは16日午後1時15分から、東京・秩父宮で第5戦のレッズ(豪)戦に臨み、今季ホームでの初勝利を狙う。14日は出場予定メンバーが発表され、合流したばかりの日本代表候補、ナンバー8マフィ(NTTコミュニケーションズ)が控えに入った。

1勝1敗だった前節までのニュージーランド(NZ)遠征では、素早くボールを動かす攻撃が成果を上げた。「チャンスをもらったら頑張る」と話していた突破力のあるマフィが加わり、攻撃の強化が期待される。NZ遠征で計2トライの活躍を見せ、レッズ戦で先発予定のロックのヘル(ヤマハ発動機)は、「(マフィは)日本代表でも一緒にプレーしているし、すごくいい選手なので楽しみ」と語った。

相手のレッズは開幕3連敗と不調だが、ハンセン・ヘッドコーチ代行は「自分たちのラグビーに集中したい」と気を引き締めた。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>