[ラグnote]始まりは ルール破り

1823年秋。英イングランド中部のラグビー市にあるパブリックスクール(名門私立校)で行われていたフットボールの試合中、一人の少年がルールを破ってボールを抱えて走り出した――。この出来事がラグビーの起源とされる。

少年の名前はウェブ・エリス。このエピソードの真偽については諸説ある。しかし、当時のフットボールが後にラグビーとサッカーに分かれたこともあり、エリス少年の「伝説」は、ラグビー誕生を象徴する物語として脈々と語り継がれてきた。

「伝説」から164年後、1987年にワールドカップ(W杯)が始まると、優勝チームに贈られるトロフィーは「ウェブ・エリス杯」と名付けられた。台座には歴代優勝国の名前が刻印されている。

     ◇

W杯日本大会の開幕まで半年を切った。ラグビーにまつわる豆知識を紹介する。(随時掲載)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>