サンウルブズ、2021年からリーグ除外と発表

スーパーラグビー(SR)の主催団体は22日、日本チームのサンウルブズを2021年シーズンから除外すると発表した。発表によると、21年に15チームを3地区に分ける現行方式から14チームによる総当たりに変更することになり、サンウルブズが削減の対象になったという。サンウルブズは日本代表強化の柱として、16年から20年までの契約でSRに参戦している。

2月のワラタス戦で、相手選手をかわして突進するサンウルブズの中村亮(中央)。こんなシーンが、2021年から見られなくなる

<<
ニュース一覧へ戻る
>>