五郎丸さん、一日署長で「ラグビーやめ警官に」

一日署長を委嘱された五郎丸さん(葉山署提供)

神奈川県警逗子署と葉山署が5日、ラグビー元日本代表でトップリーグ・ヤマハ発動機の五郎丸歩さん(33)を一日署長に迎え、神奈川県逗子市の京浜急行バス逗子営業所で合同の交通安全出発式を行った。

久篠知二・逗子署長から委嘱状、鈴木達也・葉山署長からタスキを受け取った五郎丸さんは「強じんな体を生かし、ラグビーをやめて警察官になる」などと冗談を交えてあいさつ。事故防止にスクラムを組むよう訴え、集まった新入学児童・園児や保護者、両署員ら約420人を沸かせた。

県警音楽隊の演奏などの後、パトカーや白バイ、防犯パトロール車計11台が見守り活動に出発。葉山町福祉文化会館でも、県警の交通安全教室などがあった。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>