[ラグnote]始まりは慶大から

日本ラグビーの始まりは1899年(明治32年)とされる。慶大で英語講師を務めていたエドワード・クラーク氏が、英国の名門ケンブリッジ大でプレーした経験を持つ田中銀之助氏の協力を得て、学生に教えた。慶大ラグビー部(蹴球部)の発祥はこの年だ。

慶大は1901年、外国人クラブのYC&AC(横浜)と初の対外試合を戦う。10年には旧制第三高(現・京大)でもラグビーが始められ、翌年には、史上初となる日本チーム同士の対戦が実現した。

その後、同大、早大、東大、明大などでもラグビー部が創部され、大学のチーム同士が定期戦でしのぎを削るようになる。一方、18年には、全国高校大会の前身となる「日本フートボール優勝大会」も開かれた。当初はサッカーと合同で開催された。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>