ラグビー日本代表候補、強化試合に向け練習

強化試合に向けて練習をスタートした日本代表候補の選手たち

ラグビー日本代表候補は15日、スーパーラグビー(SR)、ハリケーンズ(ニュージーランド=NZ)の下部チームとの強化試合(20日・千葉県市原市)に向けた練習を千葉県浦安市内で始めた。日本代表のジョセフ・ヘッドコーチは「防御面が良くなっている。継続的に引き上げていきたい」と語った。

6日までのNZ遠征は、初戦でハリケーンズの下部チームに31―52で敗れたものの、2戦目はハイランダーズの下部チームに46―21で快勝した。指揮官は「防御で良い圧力をかけることができ、ボールを奪った後の判断も良かった」と2戦目を評価。20日の試合については「平等に出場機会を与えたい。選手はチャンスを無駄にしないようにしてほしい」と、前戦から先発を入れ替える方針を示した。27日には豪州のチームと東京・秩父宮で強化試合を戦う。

一方、SRの日本チーム、サンウルブズは15日、ハリケーンズ戦(19日・秩父宮)に向けた練習を千葉県市原市内でスタートさせた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>