ラグビー日本代表候補、NZの下部チームに快勝

ラグビー日本代表候補で編成する特別チーム「ウルフパック」は20日、スーパーラグビーのハリケーンズ(ニュージーランド)下部チームとの強化試合をゼットエーオリプリスタジアム(千葉県市原市)で行い、66―21で快勝した。2月から継続的に行っている日本代表候補合宿の成果を示した。

ナンバー8マフィ(NTTコミュニケーションズ)やFB松島(サントリー)のトライなどで42―7で前半を折り返すと、後半もトライを重ねてリードを広げた。

ゲーム主将を務めたフランカーのラブスカフニ(クボタ)は「全体的には良いディフェンスができた。課題もあったが、今日はこの勝利を味わいたい」と話した。

ウルフパックは27日、2017年シーズンまでスーパーラグビーに参加していたウエスタンフォース(豪)と東京・秩父宮で対戦する。

ウルフパックの選手たちが、相手陣に攻め込む(20日)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>