ラグビー7人制女子日本は最下位、順位決定Tで全敗

中国戦の前半、タックルを受けながらも前進する大黒田裕芽(左)(21日)=若杉和希撮影

ラグビー・7人制女子ワールドシリーズ第4戦北九州大会最終日(21日・福岡ミクニワールドスタジアム北九州)――グループリーグ下位による順位決定トーナメントに臨んだ日本は、フィジーに17―28、中国に0―7で敗れ、通算5戦全敗で最下位の12位に終わった。決勝ではカナダが7―5でイングランドに勝ち、今シリーズ初優勝を飾った。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>