サンウルブズ9敗目…後半、豪レッズが3トライ

南半球最高峰リーグのスーパーラグビーは3日、豪ブリスベンで行われ、日本のサンウルブズはレッズ(豪)に26―32で敗れ、9敗目(2勝)を喫した。7点差以内の敗戦によるボーナスポイント1を得て、勝ち点12とした。

サンウルブズは前半、WTBファンデンヒーファーのトライなどで13―8とリード。しかし、後半はWTBマシレワが退場処分となるなど人数が少ない状況が続き、逆転された。(時事)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>