サンウルブズ、国内最終戦でホーム初勝利目指す

スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズは、東京・秩父宮で今季国内最終戦となるブランビーズ(豪)戦に臨み、ホーム初勝利を目指す。現在、2勝11敗で6連敗中。ブランビーズとは5月12日にアウェーで対戦し、0―33で完敗している。

31日は秩父宮で前日練習を行い、先発予定の日本代表候補、フランカー徳永(東芝)は「東京での最後の試合で、ふがいない試合は見せたくない」と意気込んだ。左肩を手術した日本代表候補のCTBラファエレ(神戸製鋼)は控えメンバーに入り、出場すれば昨年11月以来の実戦復帰となる。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>