ラグビーW杯まで100日、カウントダウン開始

ラグビーW杯日本大会まで100日となり、除幕されたカウントダウンクロック(12日午前11時41分、東京都千代田区で)=吉川綾美撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで100日となった12日、東京都千代田区の丸の内ビルディングで記念イベントが開かれ、開幕までの残り日数や時間を表示するカウントダウンクロックがお披露目された。トークショーでは、2015年W杯日本代表の五郎丸歩選手(33)(ヤマハ発動機)が「ラグビーの魅力を一人でも多くの方々に知ってもらい、最高のW杯になるようにしたい」と語った。

大会は20チームが出場。9月20日に開幕し、11月2日まで国内12会場で計48試合が行われる。

9大会連続出場で初の8強入りを目指す日本は、W杯前の貴重な実戦機会となるパシフィック・ネーションズ杯(7月~8月)に向けて宮崎市内で合宿中で、この日は午前中からスクラム練習などを行った。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>