ショック隠せず サンウルブズ9連敗で終戦

【ブエノスアイレス=福井浩介】スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズは14日、ブエノスアイレスでレギュラーシーズン最終戦に臨み、ジャガーズ(アルゼンチン)に10―52で敗れ、9連敗の通算2勝14敗で参入4季目を終えた。既に2季連続の最下位が決まっていたサンウルブズは前半を10―21で折り返し、後半は5トライを決められて得点を奪えなかった。

サンウルブズが完敗。後半開始直後、左サイドでモールを押し込まれた末にトライを許すと、16分からはわずか8分間で3トライを奪われた。日本代表強化のために編成されるチームだが、今季は強化チーム「ウルフパック」も新設され、選手の入れ替えで生じた連係不足に最後まで苦しんだ。試合後は、取材依頼を全て断るなど、ショックの大きさを隠せなかった。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>