「日本ラグビーの未来作る」…清宮副会長が抱負

記者会見で抱負を語った清宮・新副会長

日本ラグビー協会の副会長に就任した清宮克幸氏(51)が1日、東京都内の同協会で記者会見し、「日本ラグビーの未来を作っていきたい。攻めるべきものは攻め、守るべきものは守るが、まず先に攻めないと駄目だと思っている。攻める部分を僕がリードしたい」と抱負を語った。

10人ほどのプロジェクトチームを発足させ、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会終了までに、トップリーグなどの改革の方向性をまとめる考えを示した。

W杯後の日本代表指揮官については、「結果を見て次の人を探すと、空白が生まれる。ジョセフ・ヘッドコーチを継続すべきだと考える」と述べた。トップリーグは新リーグへの移行の検討が進んでおり、「決まっていることはやっていく。新しいことができれば調整していく」と話した。

《あわせて読みたい》

・ラグビー協会 森会長就任…「W杯でファン増やす」

<<
ニュース一覧へ戻る
>>