[ラグnote]「バッファロー」出現注意

ラグビーの試合後、「アフターマッチファンクション」と呼ばれる懇親会で、両チームの選手たちがビールなどを酌み交わすしきたりがある。その際、右手でグラスを持っているのが見つかると周りから「バッファロー」と声が上がり、グラスに入っている飲み物を一気に飲み干さなければならない。

握手は右手ですることが多く、グラスを持った右手が冷えてしまっては相手に失礼だから、というのが理由だ。独特のかけ声の由来は、グラスを持つ手が水牛のひづめのように冷たくなってしまうからとされる。

試合後の懇親会だけでなく、仲間同士での飲み会でも、このルールが適用されることがある。そのため、ラグビー選手は左手でグラスやジョッキを持つ癖のついている人が多いという。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>