「がんばれ 日本代表」ラグビーW杯の田んぼアート

9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、埼玉県行田市小針の田んぼに日本チームの選手をかたどった「田んぼアート」が出現した。

 ラグビー日本チームの選手をかたどった「田んぼアート」(16日午前、埼玉県行田市で)=飯島啓太撮影
ラグビー日本チームの選手をかたどった「田んぼアート」(16日午前、埼玉県行田市で)=飯島啓太撮影

同市などが11年前から行っている催しで、2015年には最大の田んぼアートとしてギネス世界記録に認定された。今年は隣接する熊谷市で行われるW杯を応援しようと、図柄が決まり、6月に約1000人の市民らが4種類の苗(緑、黒、白、赤)を植えた。

約2.8ヘクタールの田んぼには、リーチマイケル選手を中心に、右に田中史朗選手、左に姫野和樹選手がポーズを決め、「がんばれ 日本代表」の文字も浮かび上がり、全体像は近くの古代蓮の里タワーの展望室(地上約50メートル)から眺められる。

訪れたさいたま市の主婦(57)は「細かいところまではっきり表現している」と感心していた。10月中旬まで見られるという。

動画は、こちらからご覧になれます。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>