NZ戦などW杯5試合、久保修平氏が副審担当

ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビーは19日、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会のグループリーグ各試合の審判員を発表した。

日本の久保修平氏は、ニュージーランド(NZ)―ナミビア戦など5試合で副審を担当することが決まった。日本がロシアと対戦する開幕戦(9月20日、東京スタジアム)の主審は、2015年W杯イングランド大会決勝戦で笛を吹いたナイジェル・オーウェンス氏が務めることになった。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>