ラグビー代表、盛岡到着…フィジー戦へキャンプ


あいさつするリーチマイケル主将(中央)=21日、JR盛岡駅前で

あいさつするリーチマイケル主将(中央)=21日、JR盛岡駅前で

27日に岩手県釜石市の鵜住居復興スタジアムで開催されるラグビーの国際大会「パシフィック・ネーションズ杯」で、フィジー代表と対戦する日本代表が21日、キャンプ地の盛岡市に到着した。25日まで市内で練習した後、釜石へ移動する。

JR盛岡駅前で行われた歓迎セレモニーには選手25人が参加し、南部鉄器の風鈴やいわて牛などが贈られた。谷藤裕明・盛岡市長は「フィジー戦では最高のパフォーマンスをみせてほしい」と期待。リーチマイケル主将は「東北の人は強いと聞いている。その力をもらって結果を残したい」と健闘を誓った。

ラグビースクールに通う市立桜城小2年の女児(7)は「(選手たちは)体が大きくてかっこよかった」と目を輝かせていた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>