釜石でラグビーW杯前哨戦、格上のフィジー撃破

前半、福岡がトライを決める=浦上太介撮影

ラグビーの国際大会「パシフィック・ネーションズ杯」(PNC)が27日、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで行われ、世界ランキング11位の日本代表は、同9位のフィジー代表を34―21で破った。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会の前哨戦と位置づけられる大会で、初のW杯8強入りを目指す日本にとって弾みのつく快勝となった。

フィジー戦の写真特集は、こちら

東日本大震災で津波被害を受けた地域に昨年夏に新設されたスタジアムは「復興のシンボル」としてW杯では2試合が行われる。27日の観戦チケットは前売りで完売し、1万3135人が詰めかけた。W杯本番へ向け、観客の輸送や警備などのテストも実施された。

釜石鵜住居復興スタジアムでフィジーと対戦するリーチ(中央左)ら日本代表(27日、岩手県釜石市で)=浦上太介撮影

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>