トンプソン、あざもへっちゃら「絶好調」…ラグビー代表

 練習するトンプソン
練習するトンプソン

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は1日で、9月20日の開幕まであと50日。前哨戦となるパシフィック・ネーションズ杯(PNC)第2戦のトンガ戦(8月3日、大阪・花園=読売新聞社後援)に向けて堺市内で合宿中の日本代表で、最年長となる38歳のロック、トンプソン(近鉄)の存在感が増している。

7月27日のPNC第1戦・フィジー戦(岩手・釜石)では猛暑の中でフル出場し、日本代表の最年長キャップ記録を塗り替えた。「コンディションは絶好調」という。右目付近に残る痛々しいあざについても、「僕は毎月(けがをする)。だから不細工な顔」と笑って意に介さない。

2004年の来日から15年。ベテランになっても1メートル96、110キロの体を張り続ける愚直さが、変わらぬ厚い信頼を生んでいる。一度は代表から退いたが、ジョセフヘッドコーチは「W杯を経験した選手が必要」と話しており、4大会連続のW杯出場が見えてきた。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>