[LENS 被災地発]W杯へ フレフレ!

ラグビーの国際大会「パシフィック・ネーションズ杯」が行われた釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム(岩手県釜石市)。9月のワールドカップ(W杯)の前哨戦と位置づけられた大会だけに、地元の歓迎ぶりも本番さながら。最寄りの鵜住居駅前では人々が大漁旗を振り、訪れたファンらを出迎えた。

地元の旅館「宝来館」従業員の広田一樹さん(33)は、「ラグビーW杯2019釜石開催支援連絡会」の一員として準備に奔走する。W杯当日も、旗を大きく振って感謝の気持ちを伝えたいと話す。(伊藤紘二)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>