日本代表と世界屈指のスクラム強者との戦い注目…「ライブボイス」配信中

ラグビー日本代表は6日、ワールドカップ(W杯)日本大会前の最後の強化試合となる南アフリカ戦(読売新聞社後援)に臨む。試合会場は埼玉・熊谷ラグビー場で、キックオフは午後7時15分。

日本代表フォワード陣の平均体重は111キロ超で4年前の大会より2キロ以上アップした。117キロの南アフリカ代表とは、依然として6キロ近くも差があるが、日本代表と世界屈指のスクラム強者との戦いぶりが注目される。

 読売新聞オンラインでは、熱戦をライブでより楽しむための「ライブボイス」(
https://www.yomiuri.co.jp/rugbyworldcup/voices/
)を開設した。取材陣の動きをリアルタイムで発信するほか、スーパーラグビー・サンウルブズの次期ヘッドコーチに就任が決まった大久保直弥さん、元クボタ・スピアーズ副将、高橋銀太郎さんらが解説を行なう。

きょう6日の南アフリカ戦の解説は高橋銀太郎さん。 

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>