日本、南アに力負け…ミスから失点 繰り返す

後半、相手ゴール前まで攻め込みながら、ラインアウトからボールを奪われチャンスを逃した日本代表=冨田大介撮影

ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ2019 日本代表―南アフリカ代表(6日、埼玉・熊谷=読売新聞社後援)――ワールドカップ(W杯)日本大会前最後の強化試合で、世界ランキング10位の日本は、5位の南アフリカに6トライを奪われ、7―41で完敗を喫した。歴史的な大金星を挙げた前回W杯の再現はならず、通算対戦成績は1勝1敗。前半7分に先制トライを許すなど、0―22で折り返した。後半は松島の独走トライで一矢を報いたが、点差を広げられた。日本は20日、W杯開幕戦でロシアと対戦する。

写真特集:日本VS.南アフリカ

「世紀の番狂わせ」と呼ばれた歴史的勝利の再現はならなかった。W杯前最後となる実戦で、日本はW杯優勝2度を誇る強豪の底力を見せつけられた。

ミスを得点につなげられた。前半7分に許した先制トライは、自陣ゴール前のラインアウトで球を確保できず、相手ボールのスクラムにしたことが響いた。22分には、田村の蹴ったキックを捕球した相手に圧力をかけられず、逆襲からインゴールに持ち込まれた。後半は攻める場面が増えたが、パスミスなどから3トライを追加された。

ライブボイス:試合展開を振り返る

世界のラグビー界には「ティア」と称される階級があり、南アフリカなどトップ10の国・地域がティア1に位置する。ティア2の日本は、ボール争奪戦での動きなど細部にこだわり、素早く前に出る防御や球を外へ蹴り出さずにプレーを継続する戦い方に取り組んできた。速さや持久力といった持ち味を生かすためだ。

しかし、ベストメンバーの南アフリカは、スクラム、ラインアウト、個々の突破力だけではなく、攻め込まれた際の集中力、キックを蹴った後の圧力のかけ方などで日本を上回った。中村亮は「プランの遂行力があった。全員が同じ絵を見ていた」と表現した。

主将のリーチは「時間は十分ある。もう一回、ディテール(細部)にこだわりたい」と前向きに語った。ティア1のアイルランド、スコットランドと対戦するW杯の開幕まで約2週間。南アフリカに突きつけられた課題を修正し、自信を持って本番に臨むことができるだろうか。 (矢萩雅人)

主力負傷相次ぐ

日本は主力に負傷が相次いだ。開始早々、福岡が右ふくらはぎを押さえて交代すると、後半7分にはマフィが右肩を押さえてグラウンドを去った。ジョセフ・ヘッドコーチは「けがに関して明確なことは言えないが、マフィは1~2週間で戻る」と話した。堀江(パナソニック)も首を痛めて万全な状態ではなく、チームの底力が試されている。

福岡が負傷交代

日本代表の福岡が6日の南ア戦の開始早々に負傷し、前半4分にモエアキオラと交代した。右ふくらはぎを痛めたとみられる。

日本・ジョセフ・ヘッドコーチ
「南アフリカ相手にチャンスは作ったが、自分たちのミスで逆にやられた。W杯の準備として必要な試合だった」

南アフリカ・エラスムス監督
「2015年のことを強く意識していたので、リベンジすることができて良かった。今日のスコアが実力を表すものとは思っていない。W杯の決勝トーナメントで日本と再び対戦したい」

松島 唯一のトライ

後半20分、走り込んでトライを決める松島

日本唯一のトライを奪ったのは松島。後半20分、ハーフライン付近で相手のミスからボールを奪った味方からパスを受け、一気に加速して約50メートルを独走した。「みんなのいい防御でプレッシャーを与え、早く切り替えてうまくつなげたのが良かった」

南アフリカで生まれ、神奈川・桐蔭学園高卒業後は同国に渡り、スーパーラグビーのシャークスの育成組織でプレー。縁のある国を相手に存在感を示し、「トライはできているし、そこはうれしく思っている」と振り返った。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>