リーチ「特別な思いで戦う」…ファンと決起会

訪れたファンにあいさつするリーチ(中央)らラグビー日本代表

日本ラグビー協会は7日、20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に出場する日本代表の決起会を東京・秩父宮で開いた。

主将のリーチ(東芝)や田村(キヤノン)ら選手31人のうち29人が参加し、約5100人のファンが集まった。ファンがチームスローガンの「ONE TEAM(ワンチーム)」の人文字を作り、選手を激励した。リーチは「たくさんのファンに応援していただき、感謝しています。特別な思いを持って戦いたい」と意気込みを語った。

チームはその後、明治記念館(港区)で記者会見に臨み、ジョセフ・ヘッドコーチは「この大会が、日本ラグビーの今後にどれだけ重要か理解している。皆さんが誇れるようなチームになっていきたい」と話した。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>