ラグビーW杯出場、NZやイングランドが来日

ラグビーW杯日本大会に向け、出場チームが続々と来日している。9日は、史上初の3連覇を狙うニュージーランド(NZ)や、日本代表前ヘッドコーチのジョーンズ監督率いるイングランドなどの強豪が相次いで到着した。

日本に到着し、ファンの歓迎を受けるニュージーランド代表主将のリード(千葉県柏市で)

NZは同日夕に成田空港に到着すると、バスで事前キャンプを行う千葉県柏市に移動。滞在するホテルの前で歓迎セレモニーが行われた。台風15号の影響による渋滞で、予定より2時間以上も到着が遅れたものの、ファンの歓迎を受け、主将のリードら選手たちは笑顔で手を振った。リードは「温かい声援をもらってうれしい。最後まで応援をお願いします」とあいさつ。10日から練習を始め、14日まで柏市に滞在する。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>