よみがえる日本ラグビー歴史的勝利の記憶~読売新聞東京本社の展示から

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会を間近に控え、日本代表の歴史を物語る〝お宝グッズ〟が今月、東京・大手町の読売新聞東京本社に展示されている。南アフリカを撃破し、「ブライトンの奇跡」と語り継がれる4年前のW杯初戦をはじめ、強豪国から大金星を挙げた歴代ジャパンゆかりの品を見られ、ラグビーファンにとってはこたえられない。(読売新聞オンライン・込山駿、文中敬称略)

2015年9月19日 日本34―32南アフリカ

ラグビーの2015年W杯に出場した日本代表の結束を深めたジグソーパズル

JAPAN WAY(ジャパン・ウェー)。2015年W杯イングランド大会に出場した日本代表のヘッドコーチ(HC)、エディー・ジョーンズは、このフレーズを掲げてチームを鍛えた。

「日本の強みは真面目で忍耐力があること。それは間違いなく世界一であり、全選手が忍者のような体を持ち、勇気をもって素早く攻撃を仕掛け続けること」。それが日本ラグビーの進むべき道だと、ジョーンズHCは考えていた。選手たちはHCが課した過酷な練習に耐え抜き、力をつけた。

初戦の3点を追う最終盤で、ジャパン・ウェーは実を結んだ。相手陣深くに攻め込み、右へ左へとパスを回す。南アがゴール正面で反則を犯しても、同点ペナルティーゴールを狙わずにスクラムを選び、粘り強く攻め続けた。その末に途中出場のカーン・ヘスケスが左隅に飛び込み、歓喜の逆転トライが生まれた。

この頃の代表チーム宿舎に「JAPAN WAY」と黒字で記されたジグソーパズルがあった。縦10ピース、横14ピースで計140ピース。このパズルを完成させた選手たちは、改めて自分たちのラグビーを胸に刻んで試合に臨み、日本をラグビー弱小国から脱皮させた。歴史的な勝利の瞬間に使われていたというボールとともに、今回の展示会場でひときわ目を引く「エディー・ジャパン」ゆかりの品だ。

2015年W杯の南アフリカ戦で使われたボール

南ア戦大金星をめぐる、もう一つのドラマ

1989年5月28日 日本28―24スコットランド

日本のW杯初勝利は、1991年に第2回大会のジンバブエ戦で挙げた。当時のチームは、小さな大選手と呼ばれた宿沢広朗が監督で、ミスターラグビーこと平尾誠二が主将だった。今は亡き日本ラグビーの巨星2人を中心とする代表チームが残した功績である。

宿沢ジャパンは、チーム発足から間もない時期にも、日本ラグビー史に残る勝利をつかみ、ファンを熱狂させている。それが、89年5月に東京・秩父宮ラグビー場で行われた強豪スコットランドとの強化試合だ。

優秀な銀行マンとしてイギリスに長く住んだ経験もあった宿沢監督は、相手の戦い方を熟知していた。指揮官の「勝てます」という宣言に勇気づけられた選手たちは、激しいタックルを徹底。エース吉田義人のトライなどで前半を14点リードで折り返すと、一時は2点差に詰め寄られたものの、終盤に2トライを加えて突き放した。計5トライを奪う快勝。「ね、しっかり守れば勝てると言っていたでしょう?」と指揮官は声を弾ませ、タックルを勝因の第一に挙げた。

この試合で、スコットランドが日本に贈った記念のプラーク(銘板)。スコットランド旗のカラーでもある青と白を基調とするエンブレムの上には「SCOTTISH・RUGBY・UNION」の文字がある。今回の展示会場に、4試合分飾ってあるプラークのうち、特に輝かしい名勝負の記憶と結びついた1枚といえる。

1989年にスコットランドが日本に贈ったプラーク

1968年6月3日 日本23―19オールブラックス・ジュニア

日本ラグビーで最初に世界の一流と認められた名選手といえば、坂田好弘・現関西ラグビー協会長(76)だ。2012年には、日本人で初めての国際ラグビー殿堂入りも果たしている。

現役時代は同志社大や社会人の近鉄で活躍した。名将・大西鐵之祐が率いた日本代表の快足ウィングは、1968年のニュージーランド遠征で脚光を浴びた。現地チームとの対戦でトライを量産し、「フライング・ウィング(空飛ぶウィング)・サカタ」の異名をとる。オールブラックス・ジュニア(23歳以下ニュージーランド代表)との一戦では、1人で4トライを奪い、大金星の立役者に。翌年はニュージーランドの大学へ留学し、この時も州代表や大学選抜チームに名を連ねる活躍を見せた。

展示会場では、ニュージーランド遠征メンバー勢ぞろいの白黒写真ボードが見られる。坂田は前から2列目の左端に写っている。坂田らとともに大西ジャパンの主力選手だった山口良治・元伏見工高監督(76)の姿も、1列後ろの左から4人目にある。全員が、きまじめな楷書でサインを寄せている。

1968年、ニュージーランドに遠征した日本代表メンバーの集合写真ボード

「ラグビー日本代表の軌跡」展は9月30日まで。午前10時~午後6時。日祝休館で、入場無料。「読売新聞ラグビーW杯報道写真展」とともに、読売新聞東京本社の3階で行われている。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>