W杯本番へ~バス乗り場に行列、ペットボトル大量回収

ボディーチェックを受ける入場者(6日、埼玉県の熊谷ラグビー場で)

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕が20日に迫った。7月以降の日本代表戦では、飲食物の持ち込みや自家用車での来場禁止などが試行され、課題も明らかになった。大会組織委員会は入場ルールの周知徹底など、本番に向けた準備に追われている。

今月6日、埼玉県熊谷市で行われた南アフリカ戦。スタジアム周辺を渋滞させないため、周辺4か所に駐車場を設置し、車から降りた観客を無料バスで送迎する「パーク&ライド」を実施した。

入場はスムーズに行われたが、試合後はバス乗り場に数百メートルの行列ができた。高齢の家族と訪れた女性(41)は「スタジアムからの道が暗くて不安だった。バス乗り場の待ち時間も長くて疲れました」と漏らした。

7月にフィジー戦が行われた岩手県の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムは最高気温32度超。多くの観客がペットボトルを手に訪れたが、テロ対策などのため飲食物は持ち込み禁止とされ、手荷物検査場で捨てる羽目になった。会場では紙コップで水が提供されたが、8人が熱中症などで搬送された。

釜石市のW杯推進本部事務局によると、検査場付近では約100袋分のペットボトルが回収された。持ち込み禁止を告げられた際、「近くのコンビニ店で『入場前に買ったほうが良い』と言われた」と憤る観客もいたという。

事務局の担当者は「本番までに周辺の店にも『飲食物の持ち込み禁止』を周知したい。残暑に備え、売店の冷たい飲み物を切らさないようにする」と語った。

8月にトンガ戦が行われた大阪府の花園ラグビー場では、ビールや軽食の売店に長蛇の列ができた。スタジアムを所有する東大阪市に「長時間並んだのに買えなかった」などの苦情が寄せられた。終了後は出口に向かう人で混雑し、2階から1階に下りるまで長時間かかった人もいたという。

市は試合後、売店の増設や、警備員による観客のスムーズな誘導などを求める意見書を組織委に送った。

組織委の担当者は「試合を重ねるごとに、課題を少しずつ解消できている。本番で快適に観戦してもらえるように全力を尽くす」と話している。

検査に長時間 90分前来場を

今大会は、手荷物検査やボディーチェックが行われるため、入場に時間がかかる。大会組織委員会は試合開始の90分前には来場するよう呼びかけている。

スタジアムには、傘(折りたたみ式を除く)やカメラで自分を撮影するための「自撮り棒」などが持ち込み禁止。飲食物も原則持ち込めないが、水やお茶などが入った水筒については、入場ゲートで中身を自ら試飲した場合に限って認める。

組織委は持ち込み禁止物の詳細や、交通状況、スタジアム周辺の天候などをツイッターで発信している。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>