日本代表、キックなど確認…ラグビー

W杯初戦のロシア戦に向けて調整するSO田村(15日、東京都港区の秩父宮ラグビー場で)=伊藤紘二撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表は15日、開幕のロシア戦(20日・東京)に向けた練習を東京都内で行った。公開された冒頭15分間でFW陣がスクラム、BKはキックを使った攻撃などを確認した。

6日の南アフリカ戦では、キックを蹴られた時の対応やボール争奪戦で後手に回った。SO田村(キヤノン)は「反省を生かすことが大事。開幕戦に出られるのはラッキー。値する準備をしていく」と話した。

FB山中(中央)=伊藤紘二撮影

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>