「W杯が最後」38歳トンプソン、特別な思いで挑む今大会

真剣な表情で屋内練習に臨むトンプソン(中央)(16日、秩父宮ラグビー場で)=杉本昌大撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表は16日、開幕のロシア戦(20日・東京)に向けて都内で大会公式の練習をスタートさせた。史上初の8強を目指すチームにおいて、代表史上最多に並ぶ4大会連続で選出された38歳のトンプソン(近鉄)は特別な思いで挑む。

トンプソンルーク

「W杯が僕にとって最後のラグビーシーズン。ちょっと疲れた」。この日の公式記者会見で、今季限りでの引退を表明した。近鉄は下部リーグのトップチャレンジに所属しており、11月~来年1月のリーグ戦が、小学生の時から続けてきた競技人生の最終シーズンとなるという。

前回W杯後に代表を引退したが、ロックの人材不足もあって今年、再び桜のジャージーに袖を通した。「ラストチャンスはいい結果がほしい」。2004年から暮らす日本でのW杯に期待も寄せる。「特別なイベント。ラグビーを知らない人でも雰囲気を味わってもらえれば好きになってくれる」

ただ、自らのプレーについては「特別なことはしない」と話す。タックルしては起き上がり、密集にいち早く駆けつけて味方をサポートする。2007年の代表デビューから続ける献身的なスタイルを最後まで貫き通す。

【もっと読む】
[桜の戦士]トンプソンルーク(38)頼れる「リアル・ロック」
トンプソン大車輪 サポート・タックル チーム最多
37歳トンプソン 夢再び…4度目W杯へ 猛アピール

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>