W杯で日本と同組、サモアが山形で歓迎式典に参加

歌や踊りを披露するサモア代表の選手ら(16日、山形市旅篭町の文翔館で)

記念品として将棋の駒をラム主将(右)に贈る吉村知事

ラグビーW杯のグループリーグで日本と同じA組のサモアが16日、公認キャンプ地の山形市で開かれた「ウェルカムセレモニー」に参加した。

花笠(はながさ)踊りなどで歓迎された選手らは、サイン入りのジャージーを山形県の吉村美栄子知事に贈り、サモアの歌と踊りを披露した。24日にロシアとの初戦を迎えるラム主将は「まずはロシアにしっかり勝ちたい」と話した。

連載「ラグビーワールド」サモア編

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>