ミスで先制許した日本、松島が逆転トライ…W杯開幕戦白星

後半28分、抜け出し自身3つ目のトライを決める松島(中央)(20日)=三浦邦彦撮影

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京都調布市の東京スタジアムで開幕し、初戦でロシア代表と対戦した日本代表は30―10で白星発進した。

前半、逆転のトライを決める松島(20日)=伊藤紘二撮影

世界ランキング10位の日本は開始早々、ミスから同20位のロシアにトライを許す。しかし前半11分、素早いパス回しからウィング松島幸太朗(サントリー)がトライ。前半終了間際にも右への展開から松島がトライを決めて逆転に成功した。後半にも2トライを挙げてロシアを突き放し、ボーナス点1を加えた勝ち点5を獲得した。

4年に1度のラグビーW杯は、今大会がアジア初開催。20チームが出場し、11月2日の決勝(横浜国際総合競技場)まで国内12会場で48試合が行われる。9大会連続出場の日本は、初の8強入りを目指す。次戦は28日、静岡県袋井市のエコパスタジアムで、世界ランキング1位のアイルランドと対戦する。

開幕戦に先立っては、歌舞伎や祭りなど日本をテーマに開会式が行われた。

日本代表の活躍を見る<写真特集「一瞬」

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>