仏、アルゼンチンに競り勝つ…ラグビーW杯

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は21日、グループリーグC組初戦のフランス―アルゼンチンが東京スタジアムで行われ、世界ランキング8位のフランスが20―3とリードして前半を折り返した。

世界11位のアルゼンチンがペナルティーゴールで3点を先制したものの、フランスが2トライなどで逆転した。

後半はアルゼンチンが一時逆転したが、フランスがドロップゴールを決め、23―21で競り勝った。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>