「相手をパニックに」アイルランド戦へ日本代表が浜松入り

日本代表は22日、グループリーグ2戦目のアイルランド戦(28日・静岡エコパスタジアム)に向けて調整するため、東京都内からキャンプ地の浜松市に移動した。その後、選手は宿舎でアイルランド―スコットランド戦をテレビ観戦した。

日本ラグビー協会の藤井雄一郎・強化委員長は、強豪アイルランドとの対戦に向け、「いかに相手をパニックに陥れることができるか。速い展開に持ち込みたい」と話した。右ふくらはぎを痛めて開幕戦のロシア戦はメンバー外だったウィング福岡(パナソニック)については、「ほぼトップスピードで走っている。あとはどの試合で使うか」と語った。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>