ウルグアイ、格上フィジー破る

T(トライ)は5点、G(ゴール)は2点、PG(ペナルティーゴール)は3点

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は25日、グループリーグD組で、初戦に臨んだウルグアイ(世界ランキング19位)がフィジー(同10位)を30―27で破った。ウルグアイのW杯勝利は2003年大会以来。フィジーは2連敗となった。東日本大震災の被災地に新設された岩手・釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムでは、試合前に黙とうがささげられた。

ミス突き16年ぶり白星

フィジーに勝って喜び合うウルグアイの選手たち=冨田大介撮影

試合終了の笛が鳴ると、ウルグアイの選手たちは抱き合い、叫んだ。目を潤ませる選手もいた。主将のガミナラもその一人。「感情があふれ出た」。過去3度出場したW杯で計2勝のチームが、格上のフィジーを破る番狂わせを起こした。

相手のミスを突いた。前半13分、相手パスのこぼれ球を拾うと、ボールを受けたアラタがタックルを振り切り、約40メートルを駆け抜けて同点トライ。2点リードの25分には、高く蹴り上げた球を相手が取れず、その球を確保して素早く左に展開。鮮やかにパスをつなぎ、カトがトライを決めた。

体格やパワーはフィジーに劣るが、粘り強い防御で対抗した。後半は追い上げられたが、逃げ切った。

メネセス監督によると、ウルグアイには、若年層も含めて約4000人の選手がいて、プロは22人。代表も全てがプロではなく、ガミナラも会計士として金融会社で働く。強化のためにウルグアイ協会と契約したガミナラは「この2年間は80%がラグビー、残り20%が仕事」と振り返る。

チームのスローガンは「ピッチで全部、空っぽにしていく」。その意味を、途中出場のロンビスは「ウルグアイに余裕は全くない。だから、何倍も努力しないといけない」と語る。がむしゃらに、貪欲に、次の勝利を目指す。(帯津智昭)

ウルグアイ メネセス監督「4年間かけてやってきたことが正しかったことを意味する勝利だ。大きな一歩を踏み出した」

フィジー自滅…パスミス相次ぐ

フィジーは相手を上回る5トライを挙げながら、2連敗となった。21日の豪州戦から中3日だったため、先発を大幅に入れ替えたが、パスミスが相次ぎ、トライ後のゴールもことごとく外れた。最後は3点差だっただけに、キックの精度の低さが響いた。主将のワンガニンブロトゥは「ウルグアイの勝利を祝福したい。ミスが多く、そこを相手に生かされた。あと2試合ある。次の試合に集中したい」と話した。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>