プロップ稲垣「先週より良い状態」、A組最強との対戦へ調整順調

稲垣啓太

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を戦う日本代表は28日午後4時15分から、静岡エコパスタジアムでグループリーグ2戦目のアイルランド戦に臨む。27日は試合会場での前日練習で、芝生の状態やキックオフからの攻撃などを確認した。

練習後の記者会見で、プロップ稲垣(パナソニック)は「一番気をつけないといけないのは反則をしないこと。規律を守りながら防御することが大事になる」と話した。2017年6月に同スタジアムでアイルランドと対戦した時は反則やミスで流れをつかめず、若手中心の相手に22―50で完敗した。特に自陣で反則を犯すと、ペナルティーゴール(PG)で3点を失う危険が高まるほか、外にボールを蹴り出された後のラインアウトからモールによるトライを奪われる恐れも増す。

世界ランキングは日本の9位に対し、アイルランドは2位。A組最強とみられ、スクラムやラインアウトといったセットプレーを得意とし、防御も堅い。大量点を取るのは難しく、日本としては失点を極力減らし、長期合宿で培った体力を生かして終盤勝負に持ち込みたい。

日本は初戦から中7日、アイルランドは中5日でこの一戦を迎える。稲垣は「1試合やってチームの雰囲気がほぐれたところはある。しっかり課題を洗い出し、ミーティングも重ねてきた。今は先週より良い状態」と調整に自信を見せる。(矢萩雅人)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>