危険タックル、サモアのリーロが3試合出場停止

国際統括団体ワールドラグビーは、大会の規律委員会がサモアのセンター、リーロに3試合の出場停止処分を下したと発表した。24日のロシア戦で、相手選手に危険なタックルをし、シンビン(10分間の一時的退出)となっていた。10月5日の日本戦にも出場できない。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>