【試合詳報】日本、世界2位アイルランド破る…19対12


後半、福岡がトライを決める=冨田大介撮影

後半、福岡がトライを決める=冨田大介撮影

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で28日、グループリーグA組の日本代表は、世界ランキング2位のアイルランドと対戦、田村のペナルティーゴールで得点を重ね、途中出場の福岡が逆転のトライを決めるなどして19―12(前半9-12)で勝利、2連勝を飾った。世界ランキング9位の日本は、前回大会で南アフリカを破ったのと同じように、世界トップレベルの相手から歴史的な金星を挙げ、悲願の8強入りに前進した。

日本の勝ち点は9。日本は10月5日に豊田スタジアムでサモアと、13日には横浜国際総合競技場でスコットランドと対戦する。

【試合速報】アイルランド戦タイムライン

先発予定だった日本のウィング(WTB)トゥポウ(コカ・コーラ)がメンバーから外れ、レメキ(ホンダ)に変更された。福岡(パナソニック)が控えに入った。リーチ(東芝)もベンチスタート。


日本に攻め込むアイルランド=泉祥平撮影
日本に攻め込むアイルランド=泉祥平撮影

〈試合経過〉

前半3分、ラファエレのキックに松島が突進するが、アイルランド選手が自陣インゴールで奪取。

前半5分、 田村のペナルティーゴール外れ、先制ならず

前半13分、アイルランドの先制トライ許す。日本0ー5アイルランド。トライ後のゴールは決まらず。


前半、止められる松島幸太朗=冨田大介撮影

前半、止められる松島幸太朗=冨田大介撮影

前半17分、田村がペナルティーゴールを決める。日本3ー5アイルランド

前半20分、アイルランドの2本目のトライ決まり、トライ後のゴールも決める。日本3―12アイルランド

前半30分、マフィが出て、リーチが入る。

前半33分、田村がペナルティーゴールを決める。日本6―12アイルランド

前半39分、田村がペナルティーゴールを決める。日本9―12アイルランド

前半終了。世界ランク2位の強豪アイルランドに3点差で折り返す。


後半、タックルをするムーア=冨田大介撮影

後半、タックルをするムーア=冨田大介撮影

後半が始まった。

後半9分、山中が出て、福岡が入る。

後半14分、田村のペナルティーゴールは外れ、同点ならず。

後半16分、流が出て、田中が入る。

後半18分、日本待望の初トライを福岡が決め逆転。日本14―12アイルランド。田村がトライ後のゴールを決め、日本16―12アイルランド

後半23分、トンプソンが出て、ファンデルバルトが入る。稲垣も出て、中島が入った。

後半24分、アイルランドが攻め込み、耐える日本。アイルランドに反則。

後半31分、田村がペナルティーゴールを決め、7点差。日本19ー12アイルランド。

試合終了。日本19ー12アイルランド。

【歴史的勝利!アイルランド戦写真特集】

             ◇

アイルランドは、22日のスコットランド戦でフォワード陣が力を発揮し、27―3で完勝。堅い防御が光り、欧州6か国対抗でしのぎを削るライバルをノートライに封じた。

一方、日本も20日の開幕戦でロシアに30―10で逆転勝ちし白星発進。この日は、大黒柱のリーチをベンチスタートにして強豪との一戦に臨んだ。ジョセフ・ヘッドコーチは26日の記者会見で姫野やラブスカフニが好調なことに加え、「我々が勝てるかどうかは、最後の5~10分にかかっている。経験値が高く、インパクトを与えることができる控えが必要」とゲームプランを説明していた。

W杯前の通算対戦成績は日本の9戦全敗。2017年に国内で対戦した時は、若手中心の相手に2連敗した。

日本の先発選手は以下の通り(<>は背番号)。

<1>稲垣(パナソニック)<2>堀江(パナソニック)<3>具智元(ホンダ)<4>トンプソン(近鉄)<5>ムーア(サニックス)<6>姫野(トヨタ自動車)<7>ラブスカフニ(クボタ)<8>マフィ(NTTコミュニケーションズ)<9>流(サントリー)<10>田村(キヤノン)<11>レメキ(ホンダ)<12>中村(サントリー)<13>ラファエレ(神戸製鋼)<14>松島(サントリー)<15>山中(神戸製鋼)

【あわせて読みたい】

アイルランドは応援も凄い~スタジアムの一体感を演出

平尾誠二を語る(最終回)自由な父、ワールドカップ会場にいるんじゃないかな

[大畑大介の目]残り20分まで我慢…アイルランド戦

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>