強豪に大金星で8強入りへ前進…ラグビーW杯


後半18分、鋭く走り込んでトライを決める福岡(手前)(28日)=浦上太介撮影

後半18分、鋭く走り込んでトライを決める福岡(手前)(28日)=浦上太介撮影

後半18分、鋭く走り込んでトライを決めた福岡(右から2人目)と喜び合う日本代表の選手たち(28日)=浦上太介撮影

後半18分、鋭く走り込んでトライを決めた福岡(右から2人目)と喜び合う日本代表の選手たち(28日)=浦上太介撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は28日、グループリーグA組の日本代表が静岡県袋井市のエコパスタジアムで、世界ランキング2位の強豪アイルランド代表に19―12で逆転勝ちし、2連勝を飾った。前回2015年大会の南アフリカ戦に続き、優勝候補を破る歴史的金星。勝ち点を9に伸ばして同組首位に立ち、目標とする初の8強入りへ前進した。

 同9位の日本は前半、スタンドオフ田村優(キヤノン)がペナルティーゴール(PG)を3本決め、9―12で折り返した。後半18分、途中出場のウィング福岡
堅樹(けんき)
(パナソニック)がチーム初トライを決めて逆転し、終盤に田村のPGでリードを広げた。日本がアイルランドを倒すのは10度目の対戦で初めて。

グループリーグは20チームが5チームずつ4組に分かれ、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。日本は10月5日にサモアと、13日にはスコットランドと対戦する。

国際統括団体ワールドラグビーは日本―アイルランド戦後に世界ランキングを更新し、日本は一つ上がり、過去最高の8位となった。アイルランドは2位から4位に後退。スコットランドが8位から9位に下がった。

福岡 逆転トライ

誰もが泣き、笑っていた。力を使い果たして膝をつく選手、子供のように飛びついて抱き合う選手、涙を拭う選手。総立ちとなった大観衆の前で、日本代表フィフティーンは光り輝いた。

2トライされても受けに回らない。後半、攻め込まれた際に堀江翔太(パナソニック)のタックルを起点に反則を誘ったように、何度もピンチをタックルで止めた。体格差を埋める2人がかりのタックルも決まり、タックル成功率は相手の88%を上回る93%にも及んだ。

相手の足が止まり始めた後半、もう一つの武器が生きた。2月からの合宿で鍛えた「世界一の体力」。実戦練習を休みなしに40分以上続け、試合より負荷の高い練習を繰り返した。体力が落ちる後半に素早い連続攻撃で揺さぶり、18分に福岡が逆転トライを奪った。

試合当日の朝、ジョセフ・ヘッドコーチは選手に語りかけた。「誰も勝てるとは信じていない。でも俺たちがやってきたことは誰も知らない。自分たちを信じて戦おう」。タックルも体力も、体格が小さい日本が世界で戦うため、指揮官がこだわってきた部分だ。

4年前の前回大会で、日本は南アフリカ戦で金星を挙げた。「あれだけではないことを見せられた」と田中史朗(キヤノン)。勇敢な桜の戦士が、新たな歴史を築いた。(中安真人)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>