【最速解説】ラグビーワールドカップ、日本が19-12でアイルランドを撃破できた理由

28日に行われたラグビーワールドカップの日本第2戦、日本が世界ランキング2位のアイルランドを見事に撃破した試合を、元トップリーグ・クボタ副将の高橋銀太郎さんが解説した。

後半、福岡がトライを決める=冨田大介撮影

【5分過ぎまで】
日本が素晴らしい立ち上がりを見せた。ロシア戦と違い、堅実なキック処理から、密集でうまくボールを奪取。そこからの連続攻撃で、毎回少しずつゲインラインを突破し、相手陣深くでラファエレが効果的なキック、あと一歩で松島のトライという見せ場を作った。続くペナルティーゴールは生かせなかったが、よく戦えている。

【アイルランドが先制トライ。日本もペナルティーゴールを決め、3-5】
アイルランドの先制トライは脱帽だ。フォワード陣が突進を繰り返す連続攻撃でじわじわ前進。その末に、10番のカーティーが逆サイドへの移動で日本の防御を振り回し、鮮やかなキックパス。長身のバックスがそろっているから、これが効果を生む。ただ、日本も直後にペナルティーゴールで差を詰められた。この意味は大きい。

【アイルランドがトライ、ゴールも決めて3-12】
アイルランドは試合前から、キックパスの練習を繰り返していた。その通りの攻めで、再びバックスの身長差を生かして2トライ目。だが、日本も見応えのある反撃を見せている。マイボールのラインアウトをしっかり確保し、キックを交えて相手ゴールライン際まで迫った。テンポの速い攻撃も出ている。そろそろトライがほしいし、取れそうな気配もある!

【日本がペナルティーゴールを決め、6-12】
テンポの速い日本のラグビーに、アイルランドが手を焼いている。ペナルティーを誘って、日本が1トライ1ゴール差内に迫った。相手の反撃は、中村亮とトンプソンの見事なダブルタックルで止め、直後のスクラムで日本がアイルランドを押し込んだ! 鳥肌の立つ展開になってきた。

【さらに日本にペナルティーゴール、9-12で前半終了】
ブライトンの奇跡を見ていた人たちも、こんな感覚だったのだろう。9―12と、1ペナルティーゴール差に迫って、日本が試合を折り返した。前半終了のホーンが鳴ってから3分近くも、日本が攻め続けたのも大きい。アイルランドは相当、焦っているはずだし、後半はかなり疲れて動きが落ちてくるはずだ。

テンポの速い攻撃を続ければ、今度はどんどん勝機が膨らむ!

【後半5分過ぎ】
日本のペースに見える。速いテンポの連続攻撃に、(アイルランドが)ついていけていない。山中が、ロングキックで相手陣深くに入り込んだ。最高のコースではなかったが、田村以外の選手が有効なキックを使えているのも、好材料だ。前半もラファエレや流に好キックがあった。アイルランドは、的を絞りにくくなったはずだ。

【後半15分過ぎまで】
自陣インゴールから松島が素晴らしいランで反撃した。その後も2人がかりのタックルからボールを奪って、攻撃を継続できている。同点のペナルティーゴールを決められなかったのは残念だったが、依然として日本ペース。フォワードの選手が突進した時に、2人の選手がサポートする形も、前半から貫けている。田中史投入も、いいタイミング!

【日本がトライして逆転、ゴールも決めて16-12】
これぞ、ジャパンの理想の攻撃! とうとう逆転トライを決めた。マイボールスクラムから、6次までの連続攻撃で、数的優位を作り出した。最後は、満を持して投入された福岡が飛び込んだ。難しい位置の田村のコンバージョンキックも成功。この時間帯から、アイルランドの動きは落ちる。最高の展開になってきた。

【田村がペナルティーゴールを決め19-12に差を広げる】

【日本が19-12でアイルランドを撃破!】
インターセプトから、福岡が独走。惜しくもトライ寸前で捕まったが、勝利を大きくたぐり寄せた。最後は、アイルランドが小差負けのボーナス勝ち点ほしさに、蹴り出して終了。快挙中の快挙だ。4年前と違って、真っ向から押し切った感じがある。最高の試合を見られた!

【総評】
勝因の第一は、出足の鋭いディフェンスを貫けたことだ。試合を通じて、日本のタックルミスを見た覚えがないほど、タックルが激しく、的確だった。アイルランドの大型フォワードの突進は、下と上への2人がかりで止める「ダブルタックル」で食い止めた。しかも、ゲインラインの前でビシッと止めることで、アイルランドを後退させた。だから、相手の攻撃は、最後までリズムに乗らなかった。

不用意なキックが無かったことも、勝因に挙げたい。開幕前の南アフリカ戦、大会初戦のロシア戦と持ち越してきた課題が、この日は見事に修正されていた。日本らしい、テンポの速い連続攻撃から「相手を崩したうえで蹴る」ことを徹底した。世界で最もキック処理のうまい相手に「蹴らされる展開」にさせなかったのは見事。こうやって、言ったり書いたりするよりも、はるかに難しいことだ。

「まだ先がある」。堀江の、緩みないコメントが頼もしかった。次のサモア戦まで、中6日。十分にコンディションを整えて臨めるはずだ。緊張感を保ち、このレベルのラグビーを、どの相手にも続けられれば、悲願の決勝トーナメント進出は、おのずと実現する。
日本―アイルランドの解説者は、高橋銀太郎さん(35)です。現役時代はトップリーグのクボタで副将を務めた万能型のバックス。早稲田大では、度重なる骨折を乗り越え、大学日本一も経験しています。少年時代に「ミスターラグビー」こと平尾誠二さんが実施した育成プロジェクトの最年少受講者としても、話題を呼びました。W杯前にヒットしたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」にも、選手の役で出演して迫力あるプレーを披露するなど、多方面で活躍している新潟県出身のラガーマンです。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>