悲願の8強入りに向け3戦目…サモア戦、間もなくキックオフ


サモア戦のファンゾーンは早くも長蛇の列(5日午後、愛知県豊田市で)=林陽一撮影

サモア戦のファンゾーンは早くも長蛇の列(5日午後、愛知県豊田市で)=林陽一撮影

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、グループリーグA組の日本代表は5日午後7時30分から、愛知・豊田スタジアムでサモア戦に臨む。歴史的金星を挙げたアイルランド戦(静岡)の勢いを継続し、悲願の8強入りに向けて前進出来るか、注目の3戦目となる。

アイルランド戦から先発が3人入れ替わる予定。リーチが先発に復帰し、坂手は今大会初めてスタメン入り。ウィング福岡やフッカー堀江はベンチスタートで、ナンバー8マフィ(NTTコミュニケーションズ)、ロックのトンプソン(近鉄)はメンバーから外れた。

ゲーム主将はラブスカフニ。主将のリーチも先発するが、ジョセフ・ヘッドコーチは3日の記者会見で「負担を軽減することでリーチがプレーに専念できる」と説明した。

サモアは今大会初戦でロシアに34―9で快勝したものの、9月30日のスコットランド戦は0―34で完敗。個々の突破力はあるが、組織的なプレーに粗さが目立つ。ロシア戦で2人がシンビン(10分間の一時的退出)となるなど規律が乱れる傾向もある。

3日に発表された日本の先発予定メンバーは以下の通り

〈1〉稲垣(パナソニック)〈2〉坂手(パナソニック)〈3〉具智元(ホンダ)〈4〉ファンデルバルト(NTTドコモ)〈5〉ムーア(サニックス) 〈6〉リーチ(東芝)〈7〉ラブスカフニ(クボタ)〈8〉姫野(トヨタ自動車)〈9〉流(サントリー)〈10〉田村(キヤノン)〈11〉レメキ(ホンダ)〈12〉中村(サントリー)〈13〉ラファエレ(神戸製鋼)〈14〉松島(サントリー)〈15〉山中(神戸製鋼)

読売新聞オンラインの特集コーナーでは、試合前の会場周辺の雰囲気を写真で伝えるともに、試合の見どころや勝敗の分かれ目となったプレーを総力解説する。

 
<ラグビーワールドカップ日本大会特集コーナー>はこちら

https://www.yomiuri.co.jp/rugbyworldcup/

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>