4トライで日本がサモアに快勝、8強入りへ前進

 後半、松島が日本4本目のトライを決める=枡田直也撮影
後半、松島が日本4本目のトライを決める=枡田直也撮影
 後半、福岡がトライを決める=川崎公太撮影
後半、福岡がトライを決める=川崎公太撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、グループリーグ(GL)A組の日本代表は5日、愛知・豊田スタジアムでサモア(勝ち点5)と対戦、38―19(前半16ー9)で3連勝を飾った。4トライ以上に与えられるボーナスポイントも獲得し勝ち点を14に伸ばし、アイルランド(勝ち点11)を抜き、A組首位に躍り出た。

GL突破は決まらないが、スコットランドとのGL最終戦(13日・横浜)に向け弾みをつけた。日本は田村のペナルティーゴールで得点を重ねる一方、前半にラファエレ、後半には姫野、福岡、松島がトライを奪い、突き放した。敗れたサモアは、2位以上になる可能性が消滅、敗退が決まった。
【試合詳報タイムライン】

 後半、姫野がトライを決め笑顔を見せる=川崎公太撮影
後半、姫野がトライを決め笑顔を見せる=川崎公太撮影
 前半、ラフェエレがトライを決める=杉本昌大撮影
前半、ラフェエレがトライを決める=杉本昌大撮影
 前半、サモアの突進を止める日本=川崎公太撮影
前半、サモアの突進を止める日本=川崎公太撮影

【試合経過】

前半2分、田村のペナルティーゴールが決まり先制。日本3―0サモア。

前半7分、田村が2本目のペナルティーゴールを決める。日本6ー0サモア。

前半9分、サモアのペナルティーゴールが決まる。日本6-3サモア。

前半15分、サモアのペナルティーゴールが決まり追いつかれる。日本6-6サモア。

前半23分、田村が3本目のペナルティーゴールを決め再びリード。日本9-6サモア。

前半24分、サモア選手にイエローカード。

前半27分、ラファエレが今試合初のトライを決める。日本14-6サモア。

前半29分、トライ後のゴールを田村が決めて10点差。日本16ー6サモア。

前半32分、サモアのペナルティーゴールは外れる。日本16ー6サモア。

前半33分、サモアのペナルティーゴールが決まる。日本16-9サモア。

前半35分、イエローカードが出たサモア選手が戦列に復帰。

前半終了。日本16-9サモア。

 前半、田村が先制のペナルティーゴールを決める=枡田直也撮影
前半、田村が先制のペナルティーゴールを決める=枡田直也撮影
 前半、レメキが止められる=枡田直也撮影
前半、レメキが止められる=枡田直也撮影

後半開始。坂手が出て堀江が入った。

後半4分、サモアのペナルティーゴール決まる。日本16-12サモア。

後半7分、田村のペナルティーゴールは外れる。日本16-12サモア。

後半10分、田村が4本目のペナルティーゴールを決める。日本19-12サモア。

後半11分、稲垣が出て中島が入る。具が出てバルが入る。

後半13分、モールから押し込んで姫野がトライを決める。日本24-12サモア。トライ後のゴールも決まり、26-12。山中が出て、アイルランド戦でトライを決めた福岡が入る。

後半19分、日本の反則からサモアがゴール前でスクラムを選択、日本守り切る。

後半22分、流が出て田中が入る。

後半23分、リーチが出てツイが入る。

後半27分、ファンデルバルトが出てヘルが入る。

後半29分、中村が出て松田が入る。

後半32分、サモアの初トライを許す。トライ後のゴールも決まり、日本26ー19サモア。

後半35分、福岡がトライを決める。トライ後のゴールは外し、日本31-19サモア。

試合終了直前、松島が日本4本目のトライを決め、ボーナスポイントも獲得。日本36-19サモア。トライ後のゴールも田村が決め、日本38-19サモア。試合終了。

 試合前のウオームアップをする日本=川崎公太撮影
試合前のウオームアップをする日本=川崎公太撮影
 試合前、円陣を組む日本代表=冨田大介撮影
試合前、円陣を組む日本代表=冨田大介撮影

日本の先発メンバーは以下の通り

〈1〉稲垣(パナソニック)〈2〉坂手(パナソニック)〈3〉具智元(ホンダ)〈4〉ファンデルバルト(NTTドコモ)〈5〉ムーア(サニックス) 〈6〉リーチ(東芝)〈7〉ラブスカフニ(クボタ)〈8〉姫野(トヨタ自動車)〈9〉流(サントリー)〈10〉田村(キヤノン)〈11〉レメキ(ホンダ)〈12〉中村(サントリー)〈13〉ラファエレ(神戸製鋼)〈14〉松島(サントリー)〈15〉山中(神戸製鋼)

アイルランド戦から先発が3人入れ替わった。リーチが先発に復帰し、坂手は今大会初めてスタメン入り。ウィング福岡やフッカー堀江はベンチスタートで、ナンバー8マフィ(NTTコミュニケーションズ)、ロックのトンプソン(近鉄)はメンバーから外れた。

ゲーム主将はラブスカフニ。主将のリーチが先発する中で別の選手がゲーム主将を務めるのは異例だが、ジョセフ・ヘッドコーチは3日の記者会見で「負担を軽減することでリーチがプレーに専念できる」と説明した。

      ◆

グループリーグの順位決定方式は以下の通り。

試合の勝ち点は4、引き分け2(負けは0)。それに加えて、4トライ以上を挙げれば、勝っても負けても1のボーナスポイントが与えられる。7点差以内の僅差の敗戦でも1のボーナスポイントが加わる。

勝ち点が並んだ場合は、当該2チームの直接対決の勝者がまず優先される。続いて、グループリーグでの得失点差、得失トライ数差、総得点数、トライ数などで決まる。

<ラグビーワールドカップ日本大会特集コーナー>はこちら

https://www.yomiuri.co.jp/rugbyworldcup/

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>