ファンと握手、一緒に朝食…近すぎる選手にファン興奮

5日に日本対サモア戦が行われる愛知県豊田市には、桜のジャージーを着た日本代表のファンが集まり始めています。

最寄り駅から豊田スタジアムまで真っすぐ伸びる道沿いが、今日は歩行者天国になっていて、食べ物や雑貨などの店が出ているおもてなしゾーンになっています。

なんと、すぐそばには選手が滞在するホテルがあります。代表のバスが止まっていることでそれに気がついたファンが集まってくると、トンプソン選手とラブスカフニ選手が出て来て、ファン一人一人と握手。

「頑張ってください」と声をかけられると、「ありがとうございます」と応じていました。また、ホテル隣の喫茶店では、姫野選手や田村選手など地元選手をはじめ、流選手、坂手選手など、サモア戦で先発する選手たちが、ファンに混じって朝食をとる光景も。ファンは店の外から手を振ったり、選手の名前を書いたボードを見せたりしていました。(読売新聞オンライン 河合良昭)

ファンの声援にこたえるトンプソン選手

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>