[WE LOVE RUGBY]3人もみんなのために

南アフリカ―ナミビア戦(9月28日・豊田スタジアム)終了後スタンドに残ってごみ拾いをしていたのは、宮崎市の高校で英語教師をしているデボラ・ケネディさん(39)とルーイス・ハッティングさん(28)、ルアン・ボータさん(28)の3人=写真=。

ケネディさんは、昨年のサッカーW杯ロシア大会で日本人サポーターがこぞってスタンドのごみを拾う姿をテレビで見て「礼儀正しさや、みなで協力し合う姿に感動した」と言い、「今度は自分たちの番」と、座席の下に残された紙コップや割り箸などを集めた。

思った以上のごみの量に袋が足りなくなったが、近くでごみを拾っていた日本人に分けてもらった。ボータさんも「日本への感謝の気持ちを込めて拾った。南アフリカに帰国しても続けていきたい」と笑顔を見せていた。(中部支社 反保真優)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>