姫野「自分のプレー、一番の恩返し」…ラグビーW杯で3戦全勝


後半13分、モールを押し込み姫野(手前左)がトライを決める(5日、豊田スタジアムで)=川崎公太撮影

後半13分、モールを押し込み姫野(手前左)がトライを決める(5日、豊田スタジアムで)=川崎公太撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は5日、グループリーグA組の日本代表が愛知県豊田市の豊田スタジアムでサモア代表に38―19で勝ち、開幕から3戦全勝として再びA組首位に浮上した。

日本は開始早々、スタンドオフ田村優(キヤノン)がペナルティーゴール(PG)2本を決め6点をリード。一度は追いつかれたものの、田村のPGやラファエレティモシー(神戸製鋼)のトライなどで勝ち越した。後半は、ナンバー8姫野和樹(トヨタ自動車)のトライなどで突き放し、終了間際にも松島幸太朗(サントリー)がトライを決めた。

4トライ以上で与えられるボーナス点1も加えて勝ち点を14とした日本は13日、横浜国際総合競技場で行われるグループリーグ最終戦でスコットランドに勝つか引き分ければ、A組1位で初の8強入り。敗れた場合でも、他チームの結果やボーナス点獲得により2位以内を決め、準々決勝進出の可能性がある。

姫野凱旋 トライ「最高」

 試合前の出場選手発表で名前を呼ばれると、ひときわ大きな歓声が湧き起こった。愛知県出身のナンバー8姫野が地元・豊田スタジアムに
凱旋(がいせん)
。後半にトライを挙げるなど勝利に貢献し、「最高です。自分のプレーを出すことが一番の恩返しだと思っていた」と言葉を弾ませた。

チームは大柄でパワフルな選手がそろうサモアにも力負けしなかった。姫野はその象徴だ。後半13分、ラインアウト後のモールからトライを奪った。その直後、自陣深くに攻め込まれたピンチでは、密集で相手のボールにうまく腕を絡ませて反則を誘い、チームを救った。終了間際にはスクラムから攻撃を仕掛け、松島のチーム4トライ目につながった。

帝京大からトヨタ自動車に加入し、2017年秋に代表入り。初キャップを得た強豪オーストラリア戦でトライを決め、代表に定着した。最大の武器は1メートル87、108キロの体格を生かした突破力。ベンチプレスの数値は日本代表でもトップレベルを誇り、今大会では、力強い突進や、タックルをされた後、すぐ立ち上がって前進する得意のプレーで存在感を示している。

主将のリーチマイケル(東芝)を強く意識し、「近づき、超えていくことができれば日本代表はもっと強くなる」と言葉に力を込める25歳。スコットランド戦に向け、「W杯の舞台でプレーできるという幸せな思いが、気持ちを高めてくれる。必ず勝ちたい」と言い切った。(矢萩雅人)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>