海外では使われなくても… 息づく「ノーサイド」

 試合後、サモア代表と交換したジャージーを着て手を振る日本代表の選手ら(5日)
試合後、サモア代表と交換したジャージーを着て手を振る日本代表の選手ら(5日)

今大会では、試合後のグラウンド上にも注目が集まっている。敗者が勝者をたたえたり、ジャージーを交換したり――。互いを尊重するラグビーの精神が表れている。

5日の日本―サモア戦。試合後、両チームの選手たちが健闘をたたえ合って抱き合う光景があちこちで見られた。リーチ(東芝)、流(サントリー)らほとんどの選手がジャージーを交換した。

9月28日の日本―アイルランド戦(静岡)では、地面に膝をついたまま立ち上がれないアイルランドの選手にリーチが歩み寄って握手を交わした。アイルランドが花道を作って日本の勝利をたたえると、日本も同じように相手をねぎらった。

日本戦に限った光景ではない。2日のニュージーランド(NZ)―カナダ戦(大分)後には、選手同士が笑顔でジャージーを交換。両チームで一緒に列を作り、観客に向けてお辞儀を繰り返した。カナダのネルソンと背番号10同士でジャージーを交換したNZのモウンガは「大会での今後の幸運を祈り合ったんだ。ラグビーの精神を伝えるシーンだったと思う」と語った。

日本では、ラグビーの試合終了を「ノーサイド」と言う。戦いが終われば、敵と味方の側(サイド)がなくなるという意味だ。ただ、海外では「死語」となり、使われなくなった。

だが、言葉が通じなくなっても、その精神は今も世界共通だ。「結果にかかわらずジャージーを交換し、(相手選手と)隣り合って観客に感謝や敬意を表す。オールブラックスとして、これからも続けていきたい」とモウンガ。ノーサイドの精神が、激闘の後にさわやかな風を運んでいる。(財津翔)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>