[ルール解説]グループリーグ順位決定方法

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、決勝トーナメントに進出できるのは、A組からD組まで4つあるグループリーグの上位2チーム(計8チーム)。グループリーグ内の順位決定方式は次の通り。

グループリーグ内の順位は「勝ち点」の多さで決まる。試合後、勝利は「4」、引き分けは「2」(負けは0)の勝ち点が与えられる。加えて、ボーナスポイントとして、4トライ以上をあげれば勝敗にかかわらず「1」、7点差以内の僅差の敗戦でも「1」が与えられる。

勝ち点が並んだ場合、当該2チームの直接対決の勝者が優先される。続いて、グループリーグでの得失点差、得失トライ数差、総得点数、トライ数などで決まる。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>