ラグビーW杯、台風で2試合中止~NZ8強 首位突破

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は10日、台風19号の接近により、12日に予定された3試合のうち2試合の中止が決まった。9回目を迎えたW杯で試合の中止は初めて。決勝トーナメント進出をかけた対戦となる日本―スコットランド(横浜)を含む13日の4試合を実施するかについては、台風の影響を考慮して、原則的に試合当日の6時間前までに判断するとしている。

引き分け扱い イタリア敗退

中止となったのはグループリーグ(GL)のニュージーランド―イタリア(豊田)、イングランド―フランス(横浜)。2試合は引き分け扱いで両チームに勝ち点2ずつが与えられ、B組はニュージーランド(勝ち点16)が1位、南アフリカ(15)が2位で準々決勝に進出することが決まった。8強入りの可能性があったイタリア(12)は3位となり、最終戦を戦うことなくGL敗退となった。C組はGL突破を決めていた2チームが対戦する好カードがなくなり、イングランド(17)の1位、フランス(15)の2位が決定した。

W杯を主催する国際統括団体ワールドラグビー(WR)と大会組織委員会は10日、都内で記者会見。代替会場での開催も検討したが、各チームに平等に対応できないとして断念したとし、試合予定日にGLの試合が開催不可能となった場合は中止するという、大会規則に沿った対応だったと強調した。

試合中止を発表する日本大会組織委の嶋津昭事務総長(右)と、WRのアラン・ギルピンW杯統括責任者=伊藤紘二撮影

試合中止を発表する日本大会組織委の嶋津昭事務総長(右)と、WRのアラン・ギルピンW杯統括責任者=伊藤紘二撮影

WRのアラン・ギルピンW杯統括責任者は「(台風が多い時期の開催に)リスクがあることは分かっていた。全ての方々の安全を優先して判断した。13日の試合は予定通りできるよう、全ての努力を尽くす」と語った。中止に伴う経済的な影響については、保険で一定程度はカバーできると説明した。

12日のもう1試合、日本と同じA組のアイルランド―サモア(福岡)は、会場が台風の進路から外れているため、予定通り開催する。

グループリーグ NZ連勝止まる

ニュージーランドはイタリア戦が引き分け扱いとなり、第1回大会から31戦全勝だったグループリーグでの連勝が思わぬ形で止まった。ハンセン監督は千葉県内で記者会見し、「天候はコントロールできない。生命を危険にさらして試合をやるか、安全を取るか。言うまでもない」と語った。

イタリアが勝てば準々決勝進出の可能性が残されていただけに、指揮官は「他チームが、それ(中止の決定)で敗退してしまうのは残念」と複雑な表情も浮かべた。主将のリードは「(中止は)悲しいが、安全を優先する理由は理解しないと」と話し、試合間隔が空くことによる決勝トーナメントへの影響は否定した。

今後は東京周辺に滞在を続けるが、滞在先や練習の日程は流動的という。

イングランド監督前向き

C組1位が決まったイングランドのジョーンズ監督は東京都内で記者会見を開き、試合中止について、「日本語で『しょうがない』という言葉があるが、コントロールできないことだ」と冷静に語った。

ここまで3連勝と絶好調。けがで離脱していた主力も戻ってくる見通しが立ったといい、「準々決勝に向けて、これだけ準備ができるのは素晴らしいこと。神様が私たちにほほえんでくれているのかもしれない」と前向きに受け止めた。

11日に、日本代表の指揮官時代から合宿地として慣れ親しんできた宮崎市に入り、3日間のミニキャンプを張る予定。「今の状態は95%。これから残りの5%を探したい」と気持ちを新たにした。一方、フランスは東京へ移動する当初の予定を変更し、準々決勝の会場となる大分市に入った。

ラグビーW杯の勝ち点 勝ちが4点、引き分けが2点、負けは0点。4トライ以上を挙げた場合と、7点差以内の負けには、ボーナスとして1点が与えられる。

戦えない無念…主将「公園でもやりたかった」

記者会見するイタリアのパリセ主将(左)とオシェイ監督

記者会見するイタリアのパリセ主将(左)とオシェイ監督

イタリアの主将、パリセとオシェイ監督は愛知県豊田市内で記者会見し、パリセは「台風が来るのは数日前から分かっていたのだから、(ワールドラグビーと大会組織委員会は開催地変更などの)プランBを用意するべきだった」と、中止の判断を批判した。

報道陣から無観客試合でも良かったかと聞かれた主将は「この辺りの公園でも良かった。ラグビーができれば、どこでも良かった」と、表情に悔しさをにじませた。決勝トーナメント進出の可能性を残していただけに、「そのチャンスが失われ、残念だ」と語った。オシェイ監督は「ワールドラグビーにとっても難しい決断だったと思う」と理解を示しつつ、「選手もサポーターもがっかりしている」と話した。

世界ランキングでは格上のニュージーランド(NZ)が相手で、打倒NZを狙っていた。指揮官は「我々にとって難しい試合だったのは事実。だが、(NZに)レッドカードが1枚出れば、展開も変わる。何度も分析して、最善のプランを立てていた」と無念の表情を浮かべた。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>