桜の翼 福岡初先発…あすスコットランド戦 リーチ ゲーム主将復帰

スコットランド戦のメンバーを発表するジョセフ・ヘッドコーチ

スコットランド戦のメンバーを発表するジョセフ・ヘッドコーチ

【控え】坂手、バル、松田(以上パナソニック)、中島、山中(以上神戸製鋼)、ヘル(ヤマハ発動機)、ツイ(サントリー)、田中(キヤノン)

【控え】坂手、バル、松田(以上パナソニック)、中島、山中(以上神戸製鋼)、ヘル(ヤマハ発動機)、ツイ(サントリー)、田中(キヤノン)

ラグビー日本代表は13日、ワールドカップ(W杯)日本大会グループリーグ最終戦でスコットランドと横浜国際総合競技場で戦う。12日のアイルランド―サモア戦の結果次第で日本の決勝トーナメント進出が確定する可能性もあるが、A組首位の日本は勝つか引き分け、敗れても7点差以内で4トライ以上を奪ってボーナス点2を手にすれば、初の8強入りが決まる。11日は出場予定メンバーが発表された。D組では、豪州がジョージアを下し、勝ち点を16に伸ばした。

日本は、5日のサモア戦から先発4人を入れ替えた。大会直前の南アフリカ戦で負傷して2、3戦目は途中出場だった福岡が、今大会初めて先発に名を連ねた。けがで2試合を欠場したトゥポウのほか、堀江らが先発に復帰した。サモア戦はラブスカフニがゲーム主将だったが、スコットランド戦は主将のリーチが務める。

世界ランキング(11日現在)は8位の日本に対し、スコットランドが9位。しかし、通算対戦成績は日本が1勝10敗と大きく負け越しており、2015年の前回大会では歴史的金星を挙げた南アフリカ戦から中3日で対戦し、10―45で完敗。16年に国内で対戦した時も2連敗している。日本は、素早く前に出る防御、接点の攻防で重圧をかけ、レイドロー、ラッセルといった中心選手に自由にプレーさせないことが重要となる。

台風19号の影響で試合が開催されなかった場合は引き分け扱いとなり、日本の決勝トーナメント進出が決まる。しかし、福岡は「勝利にこだわり、最高の形で8強入りを決めたい」と語り、ジョセフ・ヘッドコーチは「勝てば自信を持って準々決勝に入れる。相手は大きく、経験値の高い選手がそろうが、我々らしい戦い方を見せたい」と意気込んだ。(矢萩雅人)

アイルランド戦で好プレーをし、姫野(右上)ら周りの選手に称賛される稲垣(左)(9月28日)

アイルランド戦で好プレーをし、姫野(右上)ら周りの選手に称賛される稲垣(左)(9月28日)

稲垣 雪辱誓う防御の要…前回完敗「忘れない」

4年前、前回大会のスコットランド戦に先発した稲垣は、翌年の2連戦にも背番号「1」で出場した。「(3敗した)悔しさは忘れたことはない。だからこそという強い思いはあるけど、そこに焦点を当てずに自分たちのやるべきことを遂行する」とたぎる気持ちを抑え込む。

25歳で出場した前回大会以降、代表では代えが利かない選手となった。理論家らしく戦術理解度は抜群。こだわりを持つスクラム以外でもリーダーとしての存在感も発揮している。

フォワードの防御面で中心的な役割を担うが、その教えをチームメートに伝える際には工夫をこらす。練習でプレーが止まって円陣を組む時には、ただ話すだけではなく、なるべく質問を投げかける。「水を飲みたいとか他のことを考える選手がいる。もう一度、防御に意識を傾けるため」だ。今大会、プロップやフッカー、ロックが密集付近で集中力の高い防御を見せている要因には、稲垣の存在もある。

スコットランドへの雪辱に加え、もう一つ気持ちを高ぶらせるものがある。サッカーJ2新潟に所属し、今月5日に急性白血病から公式戦復帰を果たした早川史哉(25)の存在だ。同じ新潟出身の稲垣は闘病中に早川と食事をし、苦労話を聞いたという。「(復帰は)非常にうれしかったし、彼の頑張りが僕の頑張りにつながっている」と明かす。「何があろうと勝ってベスト8に進みたい」。熱い思いを宿敵にぶつける。(中安真人)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>