肩脱臼 繰り返すと危険 ラグビー選手分析…4、5回で高度治療必要に

ラグビー選手に多い肩の脱臼は、4、5回繰り返すと標準的な手術では治りにくくなるとの研究結果を、順天堂大の研究チームが米医学誌電子版に発表した。骨の欠損が大きくなれば、骨の移植など高度な治療が必要になるためで、チームは、3回までに診察を受けるよう呼びかけている。

脱臼は関節が外れる症状で、ラグビーの場合、タックルや転倒をした際、肩の脱臼や、関節がずれる亜脱臼が起きやすく、癖になりやすい。軽いうちは関節を縫う標準的な治療で改善する。研究では、こうした標準治療で対応できない状態になる回数を調べた。

調査対象は、2011~16年に順天堂医院(東京都文京区)を受診した高校生以上のラグビー選手で、脱臼や亜脱臼を繰り返していた144人。カルテやコンピューター断層撮影法(CT)画像などから分析した。その結果、強い衝撃を受けやすい利き手側の肩は4回、反対側は5回で骨の欠損が危険な状態となることがわかった。ポジションや年代による差はなかった。アメリカンフットボールなど他の競技でも似た傾向があるとみられる。

選手は負傷しても我慢する傾向があるといい、順大の川崎隆之准教授は「選手自身や指導者は、病院にできるだけ早くかかり、骨の状態を検査するよう心がけてほしい」と話している。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>